水銀体温計を割ったら
水銀体温計を割ってしまって、そのあとの処置を間違ったため、健康被害に苦しんでいます。自分のような人間を出さないために、割った後の対処法などなどのブログを作りました。また化学物質過敏症のかたにも、ひょっとして参考になるかもしれないと思います。
プロフィール

困ってる

Author:困ってる
「困っている」です。少しでも皆さまのお役に立てればと思い、水銀体温計を割ったときの処置法その他のサイトを作りました。会社との対応、日記のようなものもアップしていきたいと思います。
コメントは非公開コメントも可能です。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆☆☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温計を割ったらすること4
さて、水銀を取り除いたら、そのあとは、密封します。

水銀体温計が猛毒の水銀を含んでいてなぜ大丈夫かといえば、密封されているからです。

できればビニール袋などに入れ、何重にも密封してください。大きなカーペットや布団などであれば、密封できるタイプの布団袋(ビニール製)が1000円くらいで売っていますので、使えばいいでしょう。

割れた水銀体温計自体は、自治体の区分にしたがって処理してください。その際にも、何重にも密封することをお薦めします。

自分の自治体では、「危険」と書いて出すことになっています。家にある水銀体温計をもっと安全に処理をしたくて、自治体に電話をかけて聞いてみたところ、「割れていないのだったら、『良心的な薬局であれば』引き取ってくれると思う」といわれました。手元に一本の水銀体温計をも置いておきたくないので、薬局にもって行こうかと思っています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。