水銀体温計を割ったら
水銀体温計を割ってしまって、そのあとの処置を間違ったため、健康被害に苦しんでいます。自分のような人間を出さないために、割った後の対処法などなどのブログを作りました。また化学物質過敏症のかたにも、ひょっとして参考になるかもしれないと思います。
プロフィール

困ってる

Author:困ってる
「困っている」です。少しでも皆さまのお役に立てればと思い、水銀体温計を割ったときの処置法その他のサイトを作りました。会社との対応、日記のようなものもアップしていきたいと思います。
コメントは非公開コメントも可能です。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆☆☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このサイトについて
このサイトは、水銀体温計を割ってしまったときの処置法についてのサイトです。かつて水銀体温計を割ってしまい、お客様センターに電話し、会社の指示に従ったところ、健康被害にあってしまいました。

私のような人間を二度と出したくないので、水銀体温計を万が一割った人がいた場合、まずどうすればいいのかをお知らせしたいと思いました。当時はインターネットがなく、あちらこちらに電話を掛けたり、本を読んだりしたのですが、例えば文献で、「水銀蒸気」の存在を知るまでに、2年ほど掛かりました。

今はネットが発達していますので、まずは皆さんネットで検索されるだろうと思い、少しでも正しい情報を提供できたらと思います。なにぶん素人ですので、間違いなどもあるかもしれませんが、詳しいことをご存知の方がいらっしゃったら、お知らせくださると幸いです。

また水銀体温計会社(今のところは名前を伏せます)に、今の自分の状況を知らせたところ、あまりに不誠実な対応をされ、困っています。お客様センターの不適切な指示のせいでおこった被害を認めて、せめて謝罪して欲しかったのですが、無力な消費者に対する企業の対応に、今は憤り、疲れています。私が失ったものは、あまりに大きい。

体温計を割っても大部分の方は大丈夫だと思うのですが、もしも健康被害に合われた方がいらっしゃったら、お知らせください。また、アドバイスなどあれば、いただけると幸いです。会社が誠実な対応をしてくれるまで、その経緯もこのブログに載せていきたいと思います。


ブログの性質上、このブログについてと、処置法を上において、日記や情報その他を下にどんどんつけていくかたちになります。新しい記事は、「最新の記事」の部分に表示されますので、クリックしていただければ、表示されます。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。